ぐ~たらオタクの似非考察日記

アニメ・マンガ・ゲーム・ライトノベルについて考察するブログです。

ゆきのんの最後のモヤモヤは

ゆきのんの最後のモヤモヤは

├八幡のやり方のみに怒ってるよ派
├薄っぺらい欺瞞・なあなあの関係、を肯定する方法だからいけなかったよ派
├解決策に対する期待がでかかったから失望も大きかったよ派
├自らが傷つくのを厭わない八幡の方法で、私傷ついちゃったの派(6巻ラストの静ちゃん派)
├もっと自分を大切にしなさいって「叱ってる」んだよ派
├ガハマさんの好意に誠実な対応をしない未来が見えちゃったから親友のガハマさんの為に怒ってるよ派
│└奉仕部の理念から外れてるんだよ派
│  ├相模と違って戸部のやる気は本気だったんだから誠実に対応すべきだったよ派
│  └わたしの考える理想の八幡なら理念に沿った素晴らしい解決策を出してくれると思ってたのに派

├告白に対する嫉妬が原因だよ派
├自覚してない感情を持て余してるよ派
├薄々自覚してるけど認めたくないのかもしれないよ派
├ガハマさんの好意にも気づいて友情との板挟みで苦慮してるよ派
├ラーメンあたりで完全に自覚したから全力で嫉妬するよ派
└ゆきのんはヤンデレなんだよ派

├頭では理解できたけど感情は納得できないんだよ派
├過去にあった経験と重ね合わせちゃってるんじゃないか派
├理由は一つじゃなくてもいいだろ派(複雑に混ざってるよ派)
├ゆきのんが説明できないんだから俺たちに説明なんて出来るわけないよ派
├怒ってるんじゃなくて悲しいんだよ派
├ゆきのんカワイイからどうでもいいよ派
├見開き挿絵の死んだ目のせいで皆誤解してるんだよ派
├ゆきのんはクズである八幡を見限ったよ派
└要するにゆきのんは八幡が大好きだから怒ったんだよ派

 

答え合わせは3話のあとで。