読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐ~たらオタクの似非考察日記

アニメ・マンガ・ゲーム・ライトノベルについて考察するブログです。

アニメの売上情報を見るときに押さえておかなければならないこと

アニメ ライトノベル 漫画

 

前段

 

anond.hatelabo.jp

 

匿名ダイアリーで上記の日記が投稿されました。

ユーフォニアムの売上が俺ガイルの半分ってなんかおかしくね?

という内容です。

 

はい。

 

まぁ実際アニメーション全体の完成度で言うとユーフォニアムは高く、俺ガイルは作画が甘いところもあったりで言いたいことはわかります。

が、今回はこの話は一旦置いておきます。

 

今回のこの記事でブコメ等を見た時に売上情報がどこから来ているのか?という疑問をお持ちの方が何人かいらっしゃいました。

アニメの円盤の売上が意味不明すぎて頭おかしくなりそう

いつも思うんだけど、こういうアニメの円盤の売上情報って何処がソース元でどのくらい正確なんだ?

2015/07/01 20:39

b.hatena.ne.jp

 

さて、正直なところこの手の話はわりと荒れやすいお話でもあるのでそこまで熱心に私のブログでもしてはいませんでした。

しかしながら、現状かなり広範囲にアニメ円盤の売上情報が拡散しており、多くの人の目に触れる様な状況になってしまっています。

原因はまとめサイト等による2ch売上スレの情報が拡散しているからなのですが・・・

私も殊更売上スレの内容を取り上げたいわけではありません。

そもそも伝統的に売上スレは外部にその情報を持ち出すことを基本的に禁止しており、売上スレの内容を取り上げるまとめサイト*1のことをよく思ってる人はあまりいません。

しかし、この匿名ダイアリーの記事にかぎらず色々なところを見ると売上スレの数値だけが拡散してしまいこの表の見方など背景にある情報が伝わっておらず、いらぬ誤解を招きかねないパターンも見てきました。

そのため、これはさすがにもう無理矢理にスレ内にだけ留めておくのは逆に問題が多くなるのではないかという思いが出てきました。*2

 

ですので本記事でははたしてアニメ円盤の売上情報がどこからきて、またその数値を見る上で気をつけなければいけないことを解説しておきます。

 

※ちなみに私も売上スレの本住民ではなくたまに見る程度です。間違ってたらおしえて下さい。

 

1.まずそもそも売りスレとはなにか

 

元々は2chに存在したアニメ等の売上をネタに雑談や考察等をするスレッドである

「アニメDVD・BDの売り上げを見守るスレ」

のことです。

 

現在ではそのスレッドは以下のリンク先で見ることが出来ます。

封鎖地帯@避難所掲示板

 

どうも、2ch本体から移動して他の場所に移動したのでしょうか?

一時期BBSピンクだのにゃあ板だのに出張(というか分散)して結局叩かれてたような気もしますが・・・

そこら辺の詳しい情報は私もあまり押さえておりませんので割愛しておきます*3

 

さて、この売りスレに存在する住民のことを売りスレ民といいます。

意外と色んなところで活動しており、Twitterやブログなどで売りスレ民特有の用語を使ってる人なんかもいたりして面白いですね。

 

まとめサイトなどで見るアニメ円盤の売上情報に関するデータはほとんどここの情報が拡散し色々なところで取り上げられるようになりました。

前段で述べたように板のルールとして外部にここの情報や雰囲気をもちだすことはそもそも禁止されており、本来の住民の中にはその実体を苦々しく思っている人もいます。ほとんど有名無実化しておりますが。

 

と、ここまでがまずそもそも売りスレとはなんなのかというまず絶対に押さえて置かなければならない前提知識になります。

今は厳密には違いますが、あくまで2chにおける情報であるということは念頭においておいてください。*4

 

2.売上データはどこからきているのか。

 

さて、次に匿名ダイアリーでも上がっているDVD・BDデータの売上を見てください。

 

 血界戦線が1万7000枚くらい売れており俺ガイルも1万強は売れています。*5

このデータを見た時にまず殆どの方が疑問に思うことが一つあります。

 

いったいこのデータはどこからきているのか?

 

ということです。

もっともな疑問です。この数値が正しいのかどうかは重要なことです。

以下ネタばらしです。

 

ranking.oricon.co.jp

 

you大樹というOriconの情報を有料で詳細に提供するサイトが存在します。

このサイトでは月額999円でOriconランキングの詳細な情報を取得することができ、その時の売上枚数まで確認することが出来ます。

実はアニメ円盤だけでなく、音楽のランキングやコミックラノベなどの情報も取得できます。*6

 

http://ranking.oricon.co.jp/sample.asp

 

上記のリンクを見れば年間、月間、週間のランキング情報が確認できることがわかります。

 

また情報を確認する手段としてもう一つ存在しています。

それが

 

オリコンオリジナル・コンフィデンス」*7

ヒットがみえる! エンタメマーケット情報サイト ORICON BiZ online

 

になります。

これはオリコンが発行している雑誌で、様々な商品のランキングや情報が乗っている雑誌になります。

金額ベースでのランキングなどものっておりこのデータからかなりの情報を得ることが出来ます。*8

定期発行している雑誌なので、国会図書館に行けば過去のバックナンバーを取得することが可能で、そこから古いアニメの情報を得ることも出来るようになっています。

 

基本的に売りスレはこの2つの情報源からのデータを使用してランキングを構成し、それをネタにして回しています。

ここで押さえて置かなければならないのは、あくまでオリコンのデータのみに基づいてデータを算出しているということです。

例えばオリコンに加盟していないお店での購入はランキングに反映されませんし*9、またオリコンランキングの性質上あまりに売上が低い商品は枚数が確認できなくなります。*10

 

しかしながら実際のところ日本国内でそのような全国的な網羅データを取得できるのがオリコンぐらいしか存在していません。

ですので、オリコンの情報=世間に認識されるアニメ売上げランキングにならざるを得ない状態になっています。

 

3.売上表を見る上で押さえておくべきこと

 

 さて、次に売上表を見る上で押さえておかなければならないことが有ります。

以下は架空の作品の売上になります。

 

○架空の作品 【全10巻】
巻数    初動       累計     発売日
      BD(DVD)    BD(DVD)
01巻 *10,000(*2,000) 10,000(*3,000) 14.07.23 ※合計 13,000枚、1巻
02巻 *10,000(*2,000) 10,000(*3,000) 14.08.27 ※合計 13,000枚、2巻
03巻 *10,000(*2,000) 10,000(*3,000) 14.09.24 ※合計 13,000枚、3巻
04巻 *10,000(*2,000) 10,000(*3,000) 14.10.22 ※合計 13,000枚、4巻
05巻 *10,000(*2,000) 10,000(**,***) 14.11.26 ※合計 13,000枚、5巻
06巻 *10,000(*2,000) 10,000(**,***) 14.12.24 ※合計 13,000枚、6巻
07巻 *10,000(*2,000) 10,000(**,***) 15.01.28 ※合計 13,000枚、7巻
08巻 *10,000(*2,000) 10,000(*3,000) 15.02.25 ※合計 13,000枚、8巻
09巻 *10,000(*2,000) 10,000(**,***) 15.03.25 ※合計 13,000枚、9巻
10巻 *10,000(*2,000) 10,000(*3,000) 15.04.22 ※合計 13,000枚、10巻

 1巻の情報を見てみましょう。

1,0000(*2,000)

この数値ですが左の10,000というのがBD(ブレーレイディスク)の売上。

右側の(*2,000)がDVDの売上になります。

それを合算した値が合計売上枚数になります。

ここで注意しておくことが一つあります。

それはこの数値*11はあくまで初週で売れた数値であるということです。

累計の下に存在する10,000(*3,000)というのが現時点で取得できる情報から得られる累計での枚数になります。

円盤は当然発売から1週目だけではなく2週目以降も売れますから売れれば売れるほどこの数値はでかくなります。

ただし、発売から長い期間が経過するとそもそもランキングに乗らなくなるため*12本当に正確な数値とはズレが生じます。

ここから得られる情報としてはこの作品の1巻は13,000枚「くらい」売れたということになります。

 

たまに、アニメの売上を見る際に発売から1年たち、累計枚数も落ち着いた円盤と、発売してから1週間しか立っていないアニメの円盤を比較している場合がありますがこれは明確な誤りです。

例えばSHIROBAKO等は実は初週は5,000枚くらいしか売上が上がりませんでした。

しかし、毎週毎週売上を積み重ねることで最終値が3倍くらいになっています。

アニメの円盤は初動で動く値がかなり大きく、通常はSHIROBAKOの様な事例は珍しいと思います。ですがこのような例も有るため、安易に売上を比較するのは間違った情報を飛ばす原因にもなります。売上を探る際はかならず情報源を確認し、発売日等はきちんと確認しましょう。

 

実は最初の表も俺ガイル2期は1週目の値です。

俺ガイル1期1巻は初週では実は8000枚くらいしか売れていませんでした。

ところがこれもじわ売れして最終値が13,000枚以上になっています。

これを見ると1期に比べて2期は知名度が上がり、クチコミからじわ売れした1期と違いかなり初動値が大きくなっているのが特徴です。

2週目以降も売上は積むであろうため、ここからの動きに注目したいところです。

 

アニメ円盤は初動でかなりのランキングが決まってしまうために、1週目で勝ち負けが決まった~!!!!という人が出てきます。

ユーフォニアムも1週目であるためこれからじわ売れするということも考えられます。しかし俺ガイルとの差がかなり付いているため追いつくのが難しいというのも事実では有るのでそう言う流れになるのもやむを得ないかもしれません。

しかし、この時点では売上として語るにはまだ少し早い段階では有るというのがわかると慎重にランキングを見ることができるのではないでしょうか。

 

他にもよく比較される際には 1巻から最終巻までの各巻累計の平均値をとった累平値と1巻の情報だけを比較して売上が多いといった誤情報を飛ばしたりとデマの類がしばしば見受けられます。

情報はきちんと確認して見たほうが良いかもしれません。

 

4.まとめ

 

というわけで、ざっくりとでは有りますが売上の見方を解説してみました。

他にも売りスレではAmazonランキングで過去のランキングからデータをポイント化しランキングを予測する方法や、それに加えてニコニコ動画の値を補正に使い更に正確に割り出そうとする方法等やりかたがかなり高度化しておりパッと見ただけではわからないことも多いです。*13

あと、男女どちら向けなのかでBD/DVDの比率が違う傾向が合ったり色々考えられるネタは有ります。

 

最後に。

非常に重要な事ですが、作品の出来と売上は=ではありません。

出来がいいからといって売上が上がるわけではありません。これは売りスレにいればいるほどひしひしと感じることでも有ります。

売上は実際にはかなり複数の要因が絡むため単純に言えるものではありません。

売上の数値をみて楽しむのも良いですが、作品自体を楽しむことを忘れないようにしましょう。

*1:や○おん!のことですね、わかります

*2:つまり、あまり正しくない情報だけが飛び交う空中戦になる

*3:本筋とあまり関係ありませんし。一応wikiには歴史が載ってます。

*4:2chの情報が確実に信頼できるのか?・・・といえばわかりますね? 嘘を嘘と見抜けない人(ry

*5:これ血界はいまもうちょっと積んでる気がします。

*6:ラノベ売上げランキングもここのデータを元にして作られている。

*7:すんません、ガチで間違えてました

*8:全体金額をDVDの販売金額で割ると売上枚数が解る

*9:京都アニメーションは自社で自前のショップを設けているため、そこでBD/DVDが売れてしまうとランキングに反映されなくなる。

*10:その週に1枚だけDVDが売れたとしてもランキング圏外のために詳細な売上情報を得ることが出来ません。なので売りスレの売上ランキング上では*****の様な状態で出ることになります。

*11: 10,000(*2,000)

*12:1枚とか売れてもランキングTOP100などには乗らなくなる

*13:このやり方結構正確にランキングが予測できてしまう。ただ、これもAmazonでは売れないが一般店では売れる作品なども存在しており100%確実ではない