読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐ~たらオタクの似非考察日記

アニメ・マンガ・ゲーム・ライトノベルについて考察するブログです。

混迷を極める日本ゲーム産業

ってなんか大袈裟すぎるタイトルだけど。

potatostudio.hatenablog.com
PS4が世界市場で既に3000万台を突破しており歴史上最速で売れているコンシューマ機と呼ばれている。
しかしながら国内ではわずか200万台しか売れておらず、なかなか難しい状態になりつつある。

こういったコンシューマの台数を扱う話題はゲハ的な議論から免れることはなかなか難しい。
とはいえ、ゲーム産業全体を俯瞰して見ようとした場合この手の話題は避けることが出来ない問題だ。
今、どんなゲームが好まれ逆にどういったゲームは下火になりつつあるのかを見る上で語らざるを得ないわけだ。

日本のゲーム産業は今どうなっているのか

まず、海外との差異を論じる前に日本のゲーム産業は今どうなっているのかを見ていきたい。

www.itmedia.co.jp

上記記事によるとゲーム産業全体を見た場合、今現在日本は空前のゲームブームである。
かつてないほどの規模で産業規模は膨れ上がっておりあちこちでゲームをやっている人が増加していると言っていい。

艦これなどのブラウザゲームはもちろんだがやはりでかいのはスマホゲーだ。

パズドラやモンストなどは有名だがそういった有名タイトルではないものも日夜プレイされており
東京の電車の中を見ればスマホでみんな何をやっているのかと思えばゲームばっかりだ。
アイマスラブライブ等は有名だが有象無象のアプリが激戦を繰り広げる群雄割拠の時代だといっていいだろう。
どうでもいいけど最近ツムツムやってる人をよく見かける。

しかし、そんな日本ゲーム産業でしばしば問題視されるのは「ガラパゴス化」だ。
海外でもスマホゲーなどの市場は順調に伸びており、ゲームカンファレンス等でもソーシャルゲームに対する賞がきちんと設けられている。

しかし、日本と大きく違うのは海外はコンシューマーも同時並行で伸びているという点にある。
一方で日本は完全にスマートフォンに既存のゲーム機のシェアが丸々奪われており市場としては壊滅的だ。

別にそれはそれでよいのではないかという意見もある。
しかし、それはいくつかのデメリットももたらす。

ガラパゴス化が何をもたらすか

・国内ゲーム企業の技術力の低下
現状スマートフォンで作成するゲームはかかるものでも開発費数億円といわれている。
しかし、将来的には性能が上がっていくことがほぼほぼわかっておりいずれ据え置き機並みの開発費が要求され始めることは必死だ。その時に技術力を確保しているかどうかは大きな明暗を分けることになる。

そして、もうひとつより深刻であると考えられるデメリットがある。

・ユーザーのガラパゴス化による国内メーカーの国内無視による不利益
既に表面化しつつあるが、国内のゲーム市場と欧米のゲーム市場の嗜好がかけ離れすぎており国内ゲームメーカーが国内を軽視しかねないという点にある。
大多数が日本人で構成された日本企業が日本国内でゲームを作っているのに販売先は日本以外。
という歪な構造ができつつあるということだ。
SONYがPS4を発売する際に欧米で先行発売して日本は世界で最も最後に発売されたというのは記憶に新しい。
またSONYにかかわらずいわゆる「おま国」がSteamでは多発している。
原因が多岐にわたるため単純にすべての件で日本が軽視されていると言い切れるわけではないがいずれにせよ国内で大作ゲームをやる人は余分なコストを払うことになってしまっている。

現在の欧米のゲーム界隈の意見を見ていると、日本のゲームには独自性求める意見が強く見られる。
それはゲーム先進国の中で唯一、非欧米的なゲームを出すことができる国であるからだ。
しかし、肝心の国内ではそういったAAAタイトルはもはや求められておらず

「日本人にしか作れないゲームを売ることを求められるが作ったゲームは日本ではあまり売れない可能性が高い」

というわけのわからない歪な状況が生まれつつある。
この奇妙な歪さはしかし、日本のコンテンツ産業において一つの選択肢を我々に突きつける。

「日本のコンテンツを売りたければ日本は捨てろ」

物語論(Narratology)の概説記事も書きたいんだけどなかなかまとまらない(^^;)。ナラティブ辺りとかはゲームでも重要なんだがなぁ・・・